【知らないと損する】眼科の点眼薬ミドリンMは近視に効果なし!?

病が治らない、もしくは自分では治せない方々にとっての最後の砦は病院です。
視力低下においてもそれは同じです。

この場合、眼科にかかったのであれば、状態を診てもらってから薬を処方されるわけですが、その中に「ミドリンM」という点眼薬があります。
わざわざ医療機関からもらうものなのだから効果があると思われますが、実際はどれだけ効くんでしょうか?

眼科で処方されるミドリンM・ミオピンの効果

散瞳薬とも呼ばれるミドリンMですが、効果としては瞳孔の拡大、ピントの調節をする筋肉を休ませる等があります。
要は緊張した目を一度筋肉麻痺させることで状態をリセットするための薬です。
視力低下の大半は筋肉の緊張によってピントが合わない状態の事をさすので、それに作用するなら効くんじゃないかと思われますが、症状の段階によるというのが正直なところです。
視力低下、この場合は近視ですが、仮性近視、真正近視の二つに大きく分けられます。
仮性の場合、眼球内にあるピント調節用の筋肉が緊張して動きづらくなったのが視力低下の原因になります。
緊張自体はまだ軽い状態なので、この段階ならまだ薬の効果が期待できます。
真正の場合、緊張していた筋肉が硬直してきます。
症状が悪化すると筋肉の緊張が眼球周囲にも及び、締め付けられた眼球自体が変形することがあります。
ここまでになってしまうとミドリンMでは効果が望めません…
この薬の効果は最長6時間とされ、それが過ぎると元の状態に戻ります。
薬を点眼する前よりはピント調節の効く状態ですが、そのまま元の生活習慣にのっとってしまうと悪い目に戻る、もしくはより悪化してしまいます。
近距離を長時間見続けない等生活習慣を見直しつつ、目の緊張を和らげていくことができたのであれば、視力低下に歯止めをかけることもできるのですが、上にも書いた通り、この薬はなり始めの近視以外には効果が薄いものです。
やはり眼科で処方される目薬「ミドリンM」では視力を回復するまでいかず、よくて現状維持でしょう。
「ミドリンM」と同様に点眼液「ミオピン」の効果も変わりません。
つまり眼科の先生の言うことを黙ってい聴いているだけでは視力は上がるどころが徐々に低下していってしまうのです。
本当に視力を回復したいのであれば下記のページをご覧ください。
未来の自分のためにも、プロのスポーツ選手も取り入れている本格的な視力回復トレーニングをおすすめします。

>>スポーツ選手も実践する視力回復方法はコチラ<<

コメント