視力回復センター一覧

熊本県の視力回復センターを紹介!効果、口コミもあるので熊本県民におすすめがわかる!

更新日:

視力の低下で悩んでいる人に、裸眼の視力を取り戻す方法の紹介です。

目が悪くなるのは遺伝だと諦めていませんか?

視力には回復のための視力回復トレーニングがあって、眼鏡やコンタクトレンズなどの矯正器具に頼らなくても裸眼での視力を取り戻す方法があるのです。

今回は熊本県にお住まいで視力低下に悩んでいる人のために、子供から大人まで視力回復をするための視力回復センターについて詳しく紹介していきます。

ですが、残念ながら熊本県には現在視力回復センターがありません。

そこで、視力回復センターに通わなくても、自宅で視力回復を目指すことができる視力回復教材についてもお話していきます。

先に自宅でもできる視力回復教材の詳細を読む

熊本には専門の視力回復センターがない

残念ながら熊本県内で視力回復の専門のセンターはありません。

整骨院の施術の一環として、視力回復トレーニングを取り入れているところはあります。

視力回復センターがどんどん閉院している今、熊本県でもその波は押し寄せています。

熊本県で視力回復センターに通うには、福岡県や佐賀県まで通う必要があります。

毎回交通費と時間がかかる上に、九州各地から視力回復トレーニングに通う人が集中しているため、予約もなかなか取りづらいでしょう。

熊本県に住んでいるからといって裸眼での視力回復を諦めてしまうのは、とてももったいないです。

治る症状を安易に眼鏡やコンタクトレンズなどの矯正器具で済ませようとしている人が、あまりにも多いです。

これはこれからの子供達にも、大きな問題になっていくでしょう。

月に1~2回の視力回復トレーニングに計画を立てて通うことで、取り戻せる視力があるのです。

一生眼鏡やコンタクトレンズに頼る費用よりも、考えようによっては視力回復センターの方がトータルでかかる料金は少なく済むかもしれません。

視力の低下を感じている人は決して諦めずに、視力回復センターで裸眼の視力を取り戻すという選択を覚えておいてください。

熊本県から通うことができる視力回復トレーニングができる整骨院

熊本県内にある「山田整骨院」の診療メニューの中に、視力回復トレーニングがあります。

「体は治るようにできている」という方針のもと、独特の治療方法で多くの患者さんへの治療に定評がある整骨院です。

山田整骨院の院長自身が30年以上眼鏡をかけていた近眼のキャリアから、研究の結果今では眼鏡が不要の生活を送っています。

匠の技を持つ治療士の称号を、九州で唯一授かっている院長です。

視力回復のトレーニングと、整骨院としての技術を兼ね合わせながら、もう無理だと諦めていた多くの患者さんの視力回復をさせている整骨院です。

九州以外からの遠方から通う人もいるそうです。

「山田整骨院」

住所 熊本県熊本市中央区出水4丁目25-1
電話番号 096-364-7611
営業時間 月火水金  9時~12時 14時~19時
木土  9時~12時
休診日   日祝日
アクセス 市電「水前寺公園前」徒歩10分
熊本バス「湧心館高校前」徒歩2分

熊本県からだと視力回復センターに通うデメリットは3つもある

熊本県から視力回復センターに通うデメリットは、三つあります。

・視力回復までにかかる費用が高いこと。
・視力回復センターの数が圧倒的に少ないこと。
・視力回復までにかかる、はっきりとしたゴールがないこと。

視力回復に関わる治療には、今の日本では保険が認められていません。

おそらくどの生命保険会社でも、視力回復にかかる費用を負担してくれるところはないでしょう。

また視力回復までには個人差があり、「視力回復センターに何回通えば、トレーニングが終わりますよ」というゴールを設定することができません。

終わりがない視力回復トレーニングに高い費用をかけ続けることは、大きな負担になるでしょう。

視力回復センターが減ってきていることもネックになっています。
山田整骨院も、視力回復だけを専門に営業を行っているわけではありません。

東京などの都心であれば、まだ視力回復のための環境は整っています。

地方に行くほど裸眼での視力を取り戻したい人の希望を叶えることが難しいのが、視力回復センターを選択する上での大きなデメリットになっています。

しかしここで落胆してはいけません。

熊本県にいながら無理して遠くまで通わなくても、自宅で視力回復トレーニングを行える教材があるのです。

熊本県でもできる視力回復トレーニング教材で夢の視力回復を実現!

視力回復センターが開発した視力回復のための教材が、ネットの公式ページから購入することができます。

視力回復センターが軒並み減ってきている今、反比例するように視力回復のためのセルフトレーニング教材がたくさん出てきています。

これは視力回復センター監修のもとで作られた、しっかりと根拠のある信頼できる教材です。

これまで視力回復センターの大掛かりな機材を使わなければできなかったトレーニングが、自宅で誰にでもできるように工夫研究された教材です。

視力回復教材の中身は種類によって異なりますが、視力回復のためのトレーニング方法を収めたDVDが主流になっています。

DVDに収められたトレーニングを真似して毎日行うことで、落ちかけていた視力を取り戻すことができます。

これらの視力回復教材のメリットは、

・費用が視力回復センターに通うより格段に安い。
・小さな子供からもできる簡単なトレーニング。
・センターに通わなくても、自宅で視力回復トレーニングができる。
・一つの視力回復教材を家族で共有することができる。
・毎日連続で継続して行うことができる。
・1日のトレーニング時間が短い。
・一度視力回復教材を購入すれば、追加費用はかからない。

などが挙げられます。

特に視力回復トレーニングを毎日続けることができるのは、毛様体筋にとってはとても重要なことです。

間隔が空いてしまうと、どうしてもほぐれた筋肉の緊張が再び戻ってしまいます。

整体に通った数日後に、また体が重くなってしまうのと同じですね。

視力回復教材では、1日5~10分程度の負担のないトレーニングを、毎日繰り返すことで着実に視力が回復していく効果があります。

もちろん小さな子供でも、大人の力を借りなくてもできるトレーニング内容です。

視力回復教材の平均的な料金は、2万円前後。

トレーニングセンターに通う1/5以下で、同等の効果を期待することができます。

視力回復教材のおすすめランキングを見る

熊本県にある視力回復センターの料金

視力回復センターの料金は、10万円~20万円のお金が必要になります。

まずは入会金で1万円~2万円。

その後は月2回のトレーニングで、少なくとも半年は通う必要があります。

毎回トレーニング料金を払う視力回復センターもあれば、月額制や回数券制をとっているセンターもあります。

保険適用外のトレーニングのため、ユーザーは実費を全額払う必要があります。

視力が回復するまでにかかる料金は個人差があります。

視力が低下して日が浅い人ほど、視力回復トレーニングにかかる日数が短くなるからです。

これは視力回復センターのトレーニング内容に関係する話なので、詳しくは後ほどの項で説明します。

イメージとしては肩こりの治療を思い浮かべていただくと良いでしょう。

まだ症状が軽いうちに整体に通うことで、体のコリをほぐすまでの期間が短くなります。

また視力回復センターは、大きな問題を抱えています。

年々その数が減少してきているのです。

一時期は各都道府県に視力回復センターがあった時代もありますが、矯正器具の発達や医療レーザー手術がメジャーになるのと同時に、裸眼での視力を回復しようとする人の割合が減ってきているためです。

視力回復センターの数が少なくなるにつれて、一箇所のセンターに利用者が集中します。

視力回復センターも存続を維持するための費用がかかるため、今後も視力回復センターの料金が安くなることは考えにくいという現状です。

熊本県の視力回復センターのトレーニングが人生を変える理由

視力回復センターで視力回復のためのトレーニングを行うと、0.5まで下がった視力が1.0以上まで回復することがあります。

0.2前後まで下がってしまった人も、1.0近くまで復活する事例が多数あり、日常生活では眼鏡に頼らなくても生活できるようになります。

裸眼での視力を取り戻すことで最も良い影響を受けるのは子供達です。

今3人に1人の割合で、小学校低学年のうちから仮性近視になる子供達が増えています。

学校での検診で引っかかると、専門の医師からもすぐ矯正メガネを勧められます。

仮性近視は一時的なもので、この時期のトレーニング次第でその後の視力に大きく影響するのですが、先にも述べたように子供のうちから度が強いメガネをかけてしまうことで、そのままずっと矯正器具に頼った人生をおくる子供達が多いのです。

現代の子供達はスマホやタブレットなど、近くの物を見る習慣が身についてしまっているため、自力での視力回復はとても難しいです。

視力回復センターのトレーニングで人生が変わる人は子供だけではありません。

スポーツ選手や運転士など、裸眼での視力が求められる職業の人にはとても救いになっています。

インストラクターや技術職など、矯正器具をつけながら仕事をすることもできるけれど、裸眼で見えたらもっと仕事の幅が増える人もたくさんいます。

大人になってから視力が低下し始めた人が矯正器具に頼ることで、危険を伴うリスクもたくさんあります。

視力回復センターでトレーニングをすることで、 あらゆる世代の人達の日常生活を変え、日常生活が変わると行動や選択肢の幅も増え、人生そのものが豊かになっていくのです。

特に小さいお子様を持つ親御さんにとっては、子供の将来を左右する大きな問題に発展していきます。

親としてやるべきことは、最善の手を尽くしてあげるようにしましょう。

熊本県・視力回復センターで視力が回復する理由

視力回復センターでは、毛様体筋を鍛えるトレーニングを促すことで裸眼での視力を取り戻す効果があります。

毛様体筋とは、眼球の周りにある筋肉のことで、人間が近くのものを見たり遠くのものを見たりする時の、レンズの調整機能を助けている筋肉です。

近くのものを見続けていると、毛様体筋は眼球のレンズを厚くしようと頑張り続けます。

この状態が長時間続くと、急に遠くのものを見ようとする時に筋肉が凝り固まってしまって、上手にピント調整をすることができなくなってしまいます。

すると視界はぼやけ、遠くのものが見えづらい状態が日常化してしまいます。

これがいわゆる「近眼」の症状であり、「目が悪くなった」と感じるメカニズムです。

ここでメガネをかけてしまうと、毛様体筋は自力でピント調整機能をしようとする力を失います。

さらに凝り固まったまま慢性化した毛様体筋は、本来の機能を後退させていき、どんどん視力が落ちていってしまうのです。

毛様体筋は、特殊なトレーニング方法で鍛えることで、緊張をほぐしていくことができます。

視力回復センターでは、トレーニング用の専用の機材を使って、トレーナーと一緒に眼球や眼球周りのトレーニングを行っていきます。

眼球に直接針を入れたり投薬治療などは行わないので、視力を失う危険や副作用の心配はありません。

視力回復センターによっては眼精疲労を和らげるケアも行ってくれるので、慢性的に目の疲れを抱えている人にとってもリラックスした効果を得ることができます。

視力回復センターで習ったトレーニング方法は、日常生活でも活用することができます。

視力に対する意識が大きく変わるので、裸眼で見えるようになる喜びを知って、矯正器具のまま一生を終える人と大きな差を生むことができるでしょう。

ここまで熊本県で通える視力回復トレーニングが行える整骨院や、熊本県でも自宅でできる視力回復教材について紹介してきました。

熊本県で視力回復センターを探している人は、絶対に視力回復のための希望を捨てないようにしてください。

裸眼で見えるということは、何にも代え難い財産です。

そしてその財産を守るためには、1日でも早く視力回復トレーニングを始めることが鍵になっていきます。

熊本県に住んでいて「なかなか現地まで通うことは難しいな・・・」と思う人はぜひ、自宅で行うことができる視力回復教材についても調べて、検討してみてください。

 

 

-視力回復センター一覧

視力が悪い人必見!
※自宅で視力回復できる
視力が悪い人必見!
※自宅で視力回復できる
視力が悪い人必見!
※自宅で視力回復できる
視力が悪い人必見!
※自宅で視力回復できる

Copyright© 【視力回復方法を徹底比較】商材・サプリ・手術から比較してぶった切り! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.