視力回復センター一覧

長崎の視力回復センターの料金と効果!視力回復センターよりも安く効果的な方法も紹介

更新日:

子供の視力の低下に悩んでいる親御さんや、大人になってから遠くのものが見えづらくなってメガネにしようか悩んでいる人に、是非お伝えしたいお話があります。

それは長崎にある視力回復センターの紹介と、視力回復センターと同じような効果を得られる自宅でできるトレーニング教材についてです。

視力回復センターの料金の相場や効果、口コミなどについて詳しく解説します。

また、記事の後半では視力回復センターと効果は同じで料金が安く自宅でできてしまう視力回復教材も紹介していきます。

長崎県の視力回復センター

ここでは長崎県にある視力回復センターや、視力回復に携わる施設について紹介します。

・視力回復センター

〒850-0841 長崎県長崎市銅座町4−19−4 ハッピービル

・ナガサキ視力回復センター

・アイバンク諫早

特に有名なのが、長崎で40年近くの実績を持つ「日本視力回復センター」です。

近視や遠視はもちろん、弱視や乱視の回復にも力を入れているセンターです。

「1か月間お試しコース」というリーズナブルな価格帯を用意していたり、カウンセラーが1人1人の相談者に合わせたトレーニング方法を提案しています。

薬などはもちろん一切使用しません。

小さな子供からでも安心して通うことができます。

土曜日や日曜日も営業しているのが嬉しいです。(その代わり平日に定休日があるので注意してください。)

長崎県の視力回復センターのデメリット

長崎県の視力回復センターに通う一番のデメリットは費用の高さでしょう。

次いで長崎県の場合は、視力回復センターの数が少ないというのもネックになります。

視力回復センターのトレーニングは、レーシック手術のように劇的に視力が回復するものではありません。

一人一人の視力の度合いに合わせて、トレーナーと二人三脚でじっくりと治癒力を促すものです。

ゴールをはっきりと定めることができないものに、10万円以上の出費をすることに躊躇する人はいるでしょう。

視力低下の原因によっては、トレーニングの効果が得られないこともデメリットです。

東京などの都心ではあちこちに視力回復センターがありますが、長崎だと視力回復センターのある場所まで毎回通わなくてはいけません。

往復の交通費やそれに伴う時間、利用者が重なる場合はなかなか予約が取りづらいという状況も出てくるでしょう。

子供も毎日塾や習い事に忙しい時代です。

スケジュールのやりくりに頭を悩まされる問題が出てくるかもしれません。

長崎で視力を回復させるための別な方法

視力回復センターに通わなくても、自宅で視力回復トレーニングを行える視力回復教材があります。

この視力回復教材を使えば、長崎でも毎日自宅にいながらトレーニングを行うことができます。

視力回復教材にかかる費用は2万円以内に収めることができます。

本当に信頼できる教材なのか?と思われるかもしれませんが、視力回復センターが監修した、専門の研究者が開発・販売している安心できる教材です。

基本的なトレーニングのアプローチ方法は、視力回復センターと同じです。

毛様体筋を鍛えるためのトレーニング教材が複数入っています。

どれも自宅で自分一人で簡単にできるようなキットばかりです。

子供が一人でもトレーニングができるような分かりやすい教材も同封されています。

視力回復教材のメリットは、視力回復までにかかる費用が実際の視力回復センターの1/10程度で済むことです。

また自宅でセルフで行うことができるので、わざわざ遠くまで日にちを決めて通う必要がありません。

1日にかかるトレーニングの時間は10分程度です。

隙間時間を利用して毎日続けることができるので、トレーニングの効果を早く実感することもできるでしょう。

子供だけではなく、視力の低下を感じ始めた大人も使うことができます。裸眼の視力が求められる職業の人や、スポーツ選手も数多く利用しています。

ここまで、長崎県にある視力回復センターの料金やメリット、デメリットについて紹介していきました。

長崎では視力回復を専門にトレーニングしてくれる施設もあれば、なかなか回復センターまで通うことができない人のために視力回復の教材を取り寄せることができます。

視力の低下を諦めずに、ぜひ裸眼の視力を取り戻すような訓練があることを覚えておいてください!

>>視力回復教材ランキングを確認する

長崎の視力回復センターの料金

長崎県にある視力回復センターにかかる料金は、10万円~20万円です。

視力回復センターは、トレーニングによって目の視力を取り戻すためのセンターで、視力が低下し始めた人が訓練を行うことで高い確率で視力を回復させることができます。

20万円近くの料金がかかると聞くと少し高いように感じますが、眼鏡やコンタクトレンズなどの矯正器具を一生つけ続けることを考えると、トータルしてどちらにお金がかかるでしょうか?

視力というのは矯正器具をつけることによって、どんどん低下していきます。

これは視力が落ちる目のメカニズムに関係しています。

視力が落ちる原因は、近くのものを長時間見ることによって、眼球を支える毛様体筋という筋肉が凝り固まってしまうことに原因があります。

筋肉が凝り固まると、急に遠くのものを見ようとしても筋肉が柔軟に対応できず、遠くの物を見るためのピントを調整するスピードが遅くなってしまうのです。

頑張って目を細めて遠くのものを見ようとするのはそのためです。

眼鏡をかけると毛様体筋を鍛えなくても簡単に遠くのものが見えてしまうので、どんどん筋肉は衰えていく一方です。

視力が低下し始めた初期の段階で視力回復センターに通うことによって、毛様体筋が元の働きを取り戻します。

そのためにかかる費用が10万円~20万円なのです。

この10万円の開きは、視力回復トレーニングを受ける人の元々の視力低下の度合いや、筋力によって変わっていきます。

料金の支払いシステムは、入会金として1万円~2万円を支払い、その後月額制やチケット制で定期的に通うセンターが多いです。

長崎県の視力回復センターの効果

視力が低下し始めた仮性近視の人が長崎にある視力回復センターに早めに通うことで、一定の効果を期待することができます。

過去の症例で言うと、0.5前後まで視力が下がった人が1.0以上に、0.3前後まで視力が落ちてしまった人も1.0近くまで回復した例がたくさんあります。

日常生活で矯正器具をつけなくてよくなったという喜びの声が多いです。

一般的に0.5以上の視力アップを期待するには、3ヶ月程度の通所が必要です。
1か月に1~2回のペースで通い、トレーナーの指導のもとトレーニングを行うことで視力を回復させていきます。

視力回復センターでトレーニングを行った日には必ず、前検眼と後検眼を行います。

数分のトレーニングで明らかな効果の違いを感じる人もいます。

ただし日常生活で目に影響を与えないような意識を持たないと、せっかくのトレーニングの効果も半減してしまいます。

視力回復センターに通えば、普段の生活でも視力を意識した過ごし方を指導してくれるので、相乗効果でその後の裸眼の人生を左右する効果を得ることができるでしょう。

視力回復センターの効果が発揮されない人もいます。
元々の視力が1.0以下と極端に低い人や、矯正器具をつけて数年以上のキャリアがある人たちです。

残念ながら完全に視力が落ち切ってしまった人には、視力回復センターの効果は期待できません。

また視力低下の原因が他の目の病気の場合である時もトレーニングの効果は得られないので、事前に必ず眼科の医師に診断を仰ぐことが大切です。

長崎県の視力回復センターのトレーニング方法

長崎県の視力回復センターでは、専用の機材を使って毛様体筋を鍛える訓練を行います。
視力回復センターによっては眼精疲労を和らげる超音波治療を併用しているところもあります。

トレーニング自体は痛みが伴ったり、疲労感を味わうようなものではありません。

小さな子供でも通っている人がたくさんいるので、限られた時間で効率的に視力をアップさせるような様々なトレーニングが工夫されて行われています。

医療行為ではないので、副作用や視力に悪い影響を及ぼすリスクもありません。

治療ではなく、あくまでもトレーニングです。

トレーナーの指導のもと、地道な訓練を定期的に行うことが視力回復への鍵になります。

視力回復センターに通う半数以上が小学生の子供達です。子供の仮性近視を心配した親が通わせています。

したがって各視力回復センターは、小学生の子供が一人でもできるようなトレーニングを工夫しています。飽きないように、次回もまた楽しく足を運んでもらえるような工夫です。

子供自身も楽しく通うことができて、なおかつ目が良くなっているという実感を持つことができれば、視力回復センターに通う意味を持てるでしょう。

 

-視力回復センター一覧

視力が悪い人必見!
※自宅で視力回復できる
視力が悪い人必見!
※自宅で視力回復できる

Copyright© 【視力回復方法を徹底比較】商材・サプリ・手術から比較してぶった切り! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.