京都にある視力回復センターの料金、効果、口コミを紹介!

視力の低下に悩んでいる人は、子供から大人までたくさんいると思います。

レーシック手術も主流になってきましたが、10年ほど経過した今、視力がまた元に戻ってしまっている例も後を絶ちません。(レーシックの臨床結果がやっと出始めています)

眼鏡やコンタクトレンズにする前に、それ以上悪くならないような行動をとることが一番大切です。

そこで今回は、京都で視力回復トレーニングができる視力回復センターの料金や口コミ、効果について紹介していきます。

さらに記事の後半では、自宅にいながら京都の視力回復センターと同じ効果が得られる視力回復トレーニングを行うことができる視力回復教材について紹介していきます。

京都にある視力回復センターの紹介

全国的には視力回復センターの数はあまり多くありませんが、 京都府内には視力回復に携わるセンターがいくつかあります。

・メガネショップウメダ
・京都府立医大アイバンク
・視力ケアセンター
・京都視力回復センター
・アイバンク愛の光基金管理会

最近では眼科クリニックや、メガネ・コンタクトメーカー内で視力回復トレーニングを紹介してくれる会社も増えてきました。

利用者自身が通って視力回復トレーニングを受けることができるセンターは、「視力ケアセンター」と「京都視力回復センター」です。

室内遠方凝視訓練法や、ソニマックと言われる超音波治療法を取り入れながら視力回復トレーニングを行っています。

どちらも平日に定休日がありますが、土曜・日曜も営業しているので、会社勤めの人でも通いやすいでしょう。

ちなみに2014年まで京都には「桂視力回復センター」もありましたが、現在では閉院してしまっています。

昭和50年からあった老舗の視力回復センターだっただけにとても残念です。

京都の視力回復センターに通うデメリットは料金と通院回数

京都には視力回復センターの数が少ないので、通うまでに時間がかかることと、一定の視力回復効果が得られるまでそれなりの費用がかかることがデメリットです。

良質な矯正器具が増えた昨今、悪くなってしまった視力に対して地道なトレーニングを行おうとする人の数が少ないのも現状です。

京都府内の老舗の視力回復センターが閉院してしまうことが、それを物語っています。

早めに視力回復トレーニングをすることで、生涯にわたって眼鏡をかけなくてよくなった人もいるのですが、ゴールが見えないトレーニングに対して10万円以上の料金をかけることは、なかなか一般的には勇気がいることだと思います。

子供を視力回復センターに通わせるためには親の付き添いも必要ですよね。

もっと身近な病院に視力回復外来があったり、保険が適用されるようになれば、世の中の動きも変わると思うのですが・・・。

なかなか難しい問題なのかもしれません。

京都の視力回復センターと同じ効果で料金も安い視力回復教材がおすすめ

京都の視力回復センターに通うデメリットを、少しでも解消する視力回復教材が存在します。

京都の視力回復センターで行うようなトレーニングを、自宅向けに改良したキットを使って行えるのが視力回復教材です。(視力回復センターが監修したキットです)

視力回復教材の費用は購入時に払う17000円前後の1回きりです。

さらに視力が回復しなかった場合の返金保証も付いています。

この視力回復教材を使えば毎日10分ちょっとのトレーニングで、視力回復センターと同等の効果を期待することができます。

トレーニング自体は難しいものではないので(わかりやすい説明書も付いています)、子供が一人で気軽に行うことができる教材です。

わざわざ京都府内にある視力回復センターに通う往復の時間がかからないので、家にいながらスキマ時間で行うことができます。

「できればメガネをかけたくないけれど、視力回復センターに通うのはちょっと・・・。」と悩んでいる人にはおすすめの教材です。

裸眼で日常生活が送れることで、たくさんのメリットがあります。

子供であれば将来の進路に、大人であれば仕事や趣味の幅を広げることができるでしょう。

視力の回復を望んでいる一人でも多くの人に、2万円以内で手に入れることができる幸せを、ぜひ味わってもらいたいと思います。

>>おすすめの視力回復教材ランキングを確認する

京都の視力回復センターの料金相場

視力回復センターは、視力が悪くなり始めた人が通うことで視力回復の効果があり、平均的な料金の相場は10万円~20万円です。

高く感じてしまうかもしれませんが、その後も一生眼鏡やコンタクトレンズの矯正器具をつけなくてよくなると思えば、生涯にわたってのコストパフォーマンスは良いでしょう。

視力回復センターの多くは、入会金で1万円~2万円支払います。

通う期間は平均して3ヶ月が目安になっています。

3ヶ月の訓練期間で視力が回復する人もいれば、その後も継続して通うことで、より安定した視力を維持することができる人もいます。

トータルでかかる料金は、元々の視力の度合いが大きく関係します。
1.0以上あった人が0.8ぐらいまで低下した段階で通い始めれば、すぐに効果が表れて、10万円以下の料金ですべてのプログラムが終了するかもしれません。

逆に0.5以下まで視力が下がった人が、1.0近くまで回復させるためには長い期間、視力回復センターに通う必要があり、20万円近くの料金がトータルでかかる可能性があります。

京都の視力回復センターの効果と口コミ

視力の低下を感じ始めてから早めに視力回復センターに通うことで、一定水準以上の効果を期待することができます。

ここでぜひ頭に入れておいていただきたいことは、完全に視力が落ち切ってしまった人にはあまり効果がないということです。

例えば、「小学生ぐらいの子供が、黒板の字が見えづらくなってきた。」「ずっと2.0ぐらいの視力が自慢だったが、歳とともに遠くのものがぼやけて見えるようになってきた。」という症状の人が、視力回復センターに通うことで効果を実感することができます。

視力が低下する原因は、眼球を支える毛様体筋の衰えにあります。
遠くのものを見ようとする時のピント調節が、毛様体筋が凝り固まることでうまくいきません。

肩こりに例えるとわかりやすいのですが、慢性的な肩こりを10年以上も抱えている人は、3ヶ月程度整体に通ったところで大きな変化はありません。

もっと根本的な治療が必要です。それと同じで、視力を左右する筋肉も凝り始めてなるべく早くトレーニングに行くことで、効果を発揮することができます。

実際に子供を視力回復センターに通わせた親からの口コミでは、「早めに気がついて通わせてあげて良かったです。仮性近視は訓練次第で治るんだなと実感しました。」や、大人の口コミでも、「 水泳のインストラクターをやっています。度付きのゴーグルもありますが、裸眼で見えるというだけで仕事への影響が大きく変わります。本当に感謝しています。」といった声が寄せられています。

京都の視力回復センターのトレーニング方法

視力回復センターでは、眼球そのものに何かの治療を施すのではなく、毛様体筋を鍛える訓練を繰り返すことで元の視力を取り戻すトレーニング方法です。

あくまでもトレーニングをするのは利用者自身なので、身体本来が持つ治癒力を養う目的があります。

トレーニング自体は、小学生の子供からでもできるような難しいものではありません。

京都の視力回復センターによっては、小学生の子供が多く通うことを想定して、子供が飽きずに楽しみながらトレーニングできるような雰囲気を心がけているところもあります。

視力回復トレーニングの前と後では必ず視力検査を行います。

一度の視力回復トレーニングで見え方の違いをはっきりと実感する人が多いようです。

ただし継続しないと筋力はすぐに衰えてしまうので、月に1~2回の視力回復トレーニングを、最低でも3ヶ月は続ける必要があります。

視力回復トレーニングは専用の機材を用いながら行います。

そばにトレーナーがついているので、効果的なトレーニング方法を親切丁寧に教えてくれます。

毛様体筋を鍛える訓練に加えて、眼精疲労を和らげる超音波治療を取り入れているセンターもあります。

 

 

コメント