田中謹也のアイトレーニングの口コミや評判、効果を徹底解説

【ネタバレ】田中謹也のアイトレーニングを実際に買ってみた!【リアルな口コミ・レビューを掲載中】

更新日:

 

愛知県小牧市で、視力回復センターアイトレーニング視快研を運営する田中謹也氏が販売しているアイトレーニングを購入してみました。

アイトレーニングの教材の購入を検討しているが、中身がわからないから迷っている…そんな人は、一足先に購入したわたしが中身をネタバレレビューするので参考にしてください。

アイトレーニングの公式サイトを調査目的で確認してみる

口コミでも一番人気と言っても間違いではないアイトレーニングのメリットは

・視力回復教材の中で一番特典が充実している(ブロックストリングスや音声付など)
・視力回復教材の中で一番値段が安い
・180日間であれば全額返金してもらえる(※アマゾン版ではなし)

これらのメリットや特典などをこれから画像付でレビューしていきます。

待ちに待った田中謹也のアイトレーニングが到着!

首を長くして待っていた田中謹也のアイトレーニングが到着しました。

早速、中を開けてみたいと思います。

中を空けるとテキストとCD、ブロックストリングス(使ってみた感想はコチラ)、視力チェック表、ごあいさつが入っていました。

視力チェック表です。

お礼のあいさつとトレーニングシートなどをダウンロードできるURLが記載されていました。

CDの裏面です。

アイトレーニングのテキストの中身をネタバレ公開!

ここからはテキストの中身を見ていきたいと思います。

目次です。
テキストは全81ページあります。

前半が視力回復についての基礎知識、後半がブロックストリングスを用いた視力回復トレーニング方法の解説になります。

前半はかなり専門的知識が多い印象を受けました。

ただ、極力難しい単語を避け図解などを使いながらわかりやすく説明されています。

眼科の「もう少し様子を見ましょう」の本当の意味を知っていますか?

「もう少しこのまま経過を見て視力は回復せずに低下してくるので、その時にはメガネにしましょう」

こう言っているのと変わらない治療をされるのが眼科です。

視力が低下した状態で眼科医の言うとおり放置するのは絶対にやめた方がいいですね。

視力回復のトレーニング法として、遠近トレーニング法や雲霧法、遠方凝視訓練法、輻輳解散法などが有名ですが
たとえば輻輳解散法は市販の視力回復本「マジカルアイ」の原理と同じでより目のような目の使い方をすることで普段使わないようなピント調節を行うので視力が上がることもありますが毛様体筋に直接影響を与えるようなトレーニングでないため効果が薄れてしまいます。

このようにどのトレーニングも一長一短ありますがすべてのトレーニングの効果を持ち合わせたのがこの教材のブロックストリングスを用いたトレーニング方法です。

ブルーベリーが視力回復に良いといった間違った解釈についてです。

レーシックや最近話題のオルソケラトジーについて専門的な意見が述べられています。

なかでもレーシックの老眼が早まってしまうことについては初耳でした。

誰もが気になる市販の視力回復グッズについても解説されています。

超音波治療器のフタワソニック、アイパワーなんかは聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

この市販の視力回復グッズの高額なものでさえも完璧なものはなく、どれもメリット・デメリットがあるようです。

ここからは実際の視力回復トレーニングに入っていきます。
まずは簡単な目のストレッチから。

場所を選ばずにすぐできるので目を酷使するような環境にいる場合は助かります。

アイトレーニングの公式サイトを調査目的で確認してみる

いくつかの目のストレッチ方法を紹介した後、いよいよブロックストリングス(実際に使った感想はコチラ)を用いたトレーニング方法の紹介です。

どんなにいい方法でトレーニングしてても日ごろ、間違った目の使い方をしているとなかなか効果は出にくくなります。

そんな効果が出にくいという方のためにトレーニングの効果を妨げてしまういくつかのポイントの紹介です。

最後にせっかく視力が回復していても以前の生活習慣に戻ってしまっては視力を維持するのも難しくなってしまいます。

回復した視力を維持するための注意事項の解説です。

全体を読んでみて多くの教材がマジカルアイのような輻輳解散法であったり視力回復センターで行われている遠方凝視法だったりします。

やはり、これらもデメリットは存在しまったく効果がない人もいるようです。

遠方凝視法は、最初からある程度遠くが見える視力がなければ全く効果がないのと毎日30分間のトレーニングが必要なので子供には難しいこと。

輻輳解散法は、目のレンズ機能を調節している毛様体筋に直接効果がないため、視力回復に限界があるということ。

ただ、この教材のブロックストリングスを使ったトレーニングは1日たった12分でありながら一番方法が単純で効果も出やすいと感じました。

上のようなトレーニング方法を眼科や視力回復センターで高いお金を払うのであれば自宅でこのアイトレーニングを実践するほうがよっぽど経済的だと思います。

いろんな視力回復教材がありますがその中でも、一番安くて、ブロックストリングスのようなトレーニングをやりやすくする道具と音声誘導まで付いているのもうれしいですね^^

アイトレーニングの公式サイトを調査目的で確認してみる

https://shiryokukaihuku-training.com/60/

 

アイトレーニングの購入方法や詳しい視力回復効果などは以下のページにまとめたのでご覧ください。

 

https://shiryokukaihuku-training.com/category/1/

 

アイトレーニング 視力アップ法のCD-ROMを聴いてみた【田中謹也】

アイトレーニングの付属のCD-ROMです。

それではCDをパソコンに入れます。

アイストレッチリズムを聞いてみたいと思います。

聞いてみると女性の声で「田中先生のアイストレッチ始めます♪」と音楽と掛け声に合わせたトレーニングが始まります。

徳永式視力回復法の方が音声トレーニングの種類が多いのですが、機械的な音声に加え量が多いので聞いていると眠くなってしまったり正直飽きてしまいます。笑

ただ、さすがアイトレーニング視快研!

多くの子供の視力を上げてきただけあって子供でも飽きないように楽しくトレーニングする方法を知っています。

小さいお子さんなどに楽しく続けさせるのにいいと思いました。

 

【ネタバレ】田中謹也のアイトレーニングを実際に買ってみた!【リアルな口コミ・レビューを掲載中】

 

https://shiryokukaihuku-training.com/60/

 

ブロックストリングスを使ってみた!【田中謹也 アイトレーニング】

到着したアイトレーニングを開けてみるとブロックストリングスが入っていました。

ブロックストリングスを壁に貼り付けてみました。

椅子に座ってトレーニングしたかったので椅子に座った時のちょうど目の高さに一番上を合わせました。

そもそもブロックストリングスは、両眼視機能を鍛えるための道具です。

両眼視機能とは、物の立体感や対象物との距離感、奥行きや視野の拡大に働く力です。

このトレーニングで視力だけでなく両眼視機能も上がると視力が良くなったときにどういう風に見えるんだろうか・・・。

始める前からわくわくしています^^♪

ブロックストリングスは具体的に

輻輳力
開散力
ピント調節力

を一度に鍛えます。

壁につけたブロックストリングスを使ってトレーニングを実際にしてみました。

やり方は簡単にある順番でビーズを交互に1分間見るだけ。

画像の状態から見方によってビーズの見え方が変わっていきます。

たしかにこの目の使い方は普段はしないかも・・・。

慣れると意外に楽しいです!

音楽をかけながらリラックスした状態でしたのですが、1分間はあっという間でした!

使わないときは壁に貼り付けたままでも全然邪魔にならないので便利♪

仕事柄、パソコンを長時間見続けたり、一点を集中してみることが多いわたし。

たしかに仕事の合間や目が疲れた時、寝る前にこのトレーニングを行いはじめてから、目の充血や目の疲れが軽減されるように感じています。

あんなに悩んでいた視力がこんな拍子抜けするほど簡単なトレーニングで、克服できるのに驚きです。

1日10分、これなら飽き性なわたしでも続けることができそうです。

 

https://shiryokukaihuku-training.com/61/

 

視力回復教材のおすすめランキングを見る

 

 

 

 

 

-田中謹也のアイトレーニングの口コミや評判、効果を徹底解説

視力が悪い人必見!
※自宅で視力回復できる
視力が悪い人必見!
※自宅で視力回復できる

Copyright© 【視力回復方法を徹底比較】商材・サプリ・手術から比較してぶった切り! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.