神奈川県川崎市の視力回復センターの口コミ・料金情報

視力回復センター一覧

スマホやパソコンが主流になった今、3人のうち2人が視力が弱いと言われています。

「もう少し若い時から気をつけてればよかった・・・」と悔やんでいる人もいれば、自分の子供の視力を心配している親御さんも多いことでしょう。

意識して目に良いとされている食べ物やサプリメントを摂取している人も、いるのではないでしょうか?

そこで今回は、神奈川県内にある視力回復センターの評判と口コミについて紹介していきます。

「視力回復センター」とはいったいどのようなところなのか?どのくらいの費用がかかるのか?なども含めて詳しく解説していきます。

神奈川県・評判の良い視力回復センター2選

神奈川県内で、視力回復を専門に行なっているセンターは2つあります。

<東京視力回復センター 横浜都筑センター>

〒224-0032 神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央13−8 MTビル2F

横浜都筑センター案内 | 近視・遠視・乱視・弱視の視力回復 東京視力回復センター
国立病院で行なわれた治療実験で視力回復効果が実証されている、数少ない本物の視力回復トレーニングです。子供だけでなく大人の方も、近視、遠視、乱視、弱視、などの視力低下でお悩みの方、眼精疲労で仕事に影響がある、視力低下で試験が受けられない・・・といった視力回復や視力低下についてお気軽にご相談ください。

<アイトレーニング視快研 大和センター>

〒242-0021 神奈川県大和市中央2丁目5−8 1F

アイ・トレーニング視快研 神奈川大和センター |

 

東京視力回復センターは、テレビなどでも紹介されている視力回復センターの先駆け的存在です。過去に多くの実績も残しています。

アイトレーニング視快研も、きめ細やかな対応で評判のセンターです。子供が自主的に楽しくトレーニングできるような取り組みに力を入れています。

いずれの視力回復センターも、主なトレーニング内容やかかる費用に大きな差はありません。
元々の視力や眼疾患、トレーニングの頻度によって視力回復効果には個人差が生じます。

神奈川県・視力回復センターって、どんなところ?

その名の通り、視力の回復を目的にトレーニングを行っている専門の施設です。

遠くのものが見えづらい、いわゆる「近眼」を対象にした回復トレーニングが行われています。
視力回復センターで行われるトレーニングは、眼科で行われる治療や処方される目薬療法、外科的手術を施すレーシックとは根本的に異なります。

特別なプログラムで、基本的には利用者自身が自発的にトレーニングを行い、視力回復に伴う治癒力を鍛えていく方法です。
視力回復トレーニングは医療行為とは異なるので保険は適用外です。 また副作用や眼球へのダメージなど、 危険なリスクを伴うものでもありません。

視力が完全に落ちきる前に視力回復トレーニングを行うことで効果があり、利用者の半数以上が将来への視力に不安を覚える子供が多く通っています。
また視力が回復することによって大きな影響を及ぼすアスリートも、多く利用しているトレーニングです。

神奈川県・視力回復センターにかかる平均的な料金

視力回復センターで視力が回復したと自覚するまでにかかる費用は、およそ10万円ぐらいです。

料金は視力回復センターによって開きがあり、通院する回数は視力の度合いによって異なります。
安く済んだとしても5万円。人によっては20万円ぐらいまで費用がかさむ場合もあります。

ほとんどの神奈川県にある視力回復センターでは、10000円~20000円の入会金が必要です。
その都度トレーニング料を支払うセンターもあれば、月額制を取り入れているセンター、回数制で5回につきいくらという料金設定の視力回復センターもあります。

神奈川県の視力回復センターへの平均的な通院期間は3ヶ月程度で、月に1~2回のペースでセンターに通う人が多いです。
視力の回復には個人差があり、3ヶ月を待たずして効果がでる人もいれば、3ヶ月以降も継続して通い続ける人もいます。

神奈川県・視力回復センターのトレーニングの効果

トレーニングで視力が回復する人は、3ヶ月で0.3~0.6だった視力が1.0以上見えるようになることがあります。
特にトレーニングの成果が表れやすい子供には、その効果は顕著でしょう。

元々の視力が0.3より悪かった人も、3ヶ月ほどのトレーニングで1.0に近くなるぐらいまで回復して、日常生活では眼鏡が必要なくなる人もいます。

そもそも遠くのものが見えなくなる原因は、ものを見る眼球のレンズのピントを調整する筋肉が衰えていることが原因です。この筋肉のことを「毛様体筋」と言います。
目の中の水晶体は、近くの物を見るときに分厚くなるようにできています。
最近は子供でもスマホやゲームなど近くのものを見続ける生活習慣になっているので、常に水晶体は厚くなっている状態で、水晶体を支えている「毛様体筋」が収縮し続けている状態なのです。

長時間同じ体勢でいると肩こりがするように、毛様体筋も収縮し続けることで凝り固まってしまいます。
そのため急に遠くのものを見ようとすると、毛様体筋の本来の働きが追いつかず、ピントが合わなくなってしまうのです。
この状態が慢性化してしまうことが近視の始まりです。

この時点ですぐに眼鏡やコンタクトにしてしまうと、毛様体筋が元の筋力をつけることをやめてしまうため、視力の回復は難しくなります。
子供のうちから毛様体筋を鍛えるトレーニングをすることで、視力回復への兆しが見えてくるのです。
特別なプログラムで毛様体筋を鍛えるトレーニングをすること、さらに視力回復センターによっては眼精疲労を和らげる超音波治療を行うことで、視力回復に一定の効果を出しています。

神奈川・視力回復センターのトレーニング方法

毛様体筋を鍛えるトレーニングは、専用の機械を使った方法が一般的にとられています。
眼球に直接何かが触れるわけではないので、痛みや苦痛は伴いません。
また子供が多く通うので、トレーニング中に退屈しないような試みに気を配っている視力回復センターもあります。

視力回復センターによって内容に差はありますが、主なトレーニングの流れは以下のような感じです。

カウンセリング(問診によるヒアリング)

屈折度や乱視度のチェック(専門スタッフによる検診)

前検眼(視力検査)

トレーニング

後検眼

視力回復センターではたった一度のトレーニングで、前検眼と後検眼で視力の差をはっきりと感じることがあります。
ただし一度のトレーニングだけでは、またすぐに凝り固まってしまった毛様体筋は戻ってしまうので、継続して通うことで視力の回復が定着していきます。

神奈川県・視力回復センターのデメリット

「メガネが必要なくなり、学校生活も過ごしやすくなった。」という多くの子供の実績がある一方で、視力回復センターではかなりの費用がかかってしまうのが一番のネックです。

かけた費用の分だけ、必ず視力が回復するという保証もありません。中には事前検診の段階でトレーニングを断られる人もいます。
視力の低下が進みすぎていたり、乱視の度合いがきつい場合です。近眼のキャリアが長すぎる大人がこれに当てはまります。

その他にも視力回復センターには、いくつかのデメリットがあります。

・定期的に通院する必要がある
・視力回復の即効性はない
・はっきりとしたゴールを定めることができない
・回復した視力が元に戻る場合もある
・効果が出なくてもお金は返ってこない

慢性的な肩こりの治療に、どこか似ているところがありますね。
トレーニングによる臨床結果には定評がありますが、全ての人に費用対効果が優れていると言えないところが、始めるかどうか決断する時の迷いにつながってしまうでしょう。

神奈川県の視力回復センターに通うよりも視力回復に向けてのおすすめトレーニング教材

10万円以上のお金を投資して神奈川県の視力回復センターに通うことに迷いがある人は、その1/10ぐらいの金額で、視力回復センターと同等のトレーニングを自宅で行うことができる教材がおすすめです。

教材というと何か真面目な重苦しい印象を与えてしまいますが、簡単に言うと自宅で自分でできる視力回復キットのことです。

視力回復の専用キットを使うことで、落ちかけている視力を元に戻そうとするトレーニングを行うことができます。
視力回復センターでは専用の機材を使っていますが、自宅に届くキットはそこまで重々しいものではなく、子供でも一人で手軽にできるトレーニングキットです。

例えば紐に通したビーズを順番に従って数秒ずつ見つめるトレーニングで、眼球レンズのピントを調節する訓練を行います。
その他にも2種類のキットが入っていて、1日13分程度のトレーニングを2ヶ月続けることで、視力回復センターと同じような効果を得ることが期待できます。

視力回復教材のメリットは

・視力回復センターにかかる費用よりもだいぶ安い(16800円前後)
・どこかに通う必要がない
・毎日トレーニングを行うことができる
・1回のトレーニングにかかる時間が短い
・視力回復センターが監修する安心できる教材
・視力回復効果が出なかった時の返金保証がある(180日以内)

本家本物の「視力回復センター」が監修しているということがポイントです。
専門の研究者が、責任を持って開発と運営を行っている信頼できる教材です。
毎日トレーニングを行うことで、センターに通うよりも継続的にかつ、視力回復の早めの効果を見込める可能性があります。

トレーニングに必要な時間も短いので、勉強に忙しい子供でも、髪を乾かしてる間にできるような手軽さで煩わしさがありません。
特別な投薬を行うわけでもないので、副作用を心配する必要もありません。
返金保証制度があるのも安心ですね。

ただし視力回復の教材も、視力回復センターと同様に、全ての人の視力が回復するのを保証するものではありません。
自分の視力の程度がどのくらいなのか?視力の低下の原因が他の病気によるものではないのか?近視と同時に乱視も併発していないか?などの事前知識は必要です。
視力回復の教材を取り寄せる前に、一度眼科でしっかりとした検診をしてもらってください。(回復の見込みがない状態での教材のスタートは、返金保証制度の対象外になる場合があります。)

子供用の眼鏡やコンタクトなど、視力が悪くても対処方法が色々ある時代にはなっています。これからますますレーシック手術も主流になっていくでしょう。
ただし裸眼での視力が良くないとなれない職業がたくさんあるというのを、ご存知でしょうか?
子供の夢の選択肢を減らさないためにも、なるべく早い段階で視力に気を配ってあげることが、親の最低限の務めだと思います。

子供の視力が気になる人はぜひ、神奈川県にある視力回復センターや、視力回復教材を取り寄せてみるなどの検討をしてみてください。

>>管理人の視力回復教材体験レビューはコチラ

 

神奈川県の川崎市に住む人は、関東を中心に店舗を持つ「東京視力回復センター」の相模大野センターが最寄りです。

東京視力回復センターは、渋谷をはじめ池袋や横浜などにも店舗を持ち「試してガッテン」や「TVタックル」でも取り上げられた実績を持ちます。

この視力回復センターでは、仕事やスポーツのために視力回復矯正手術(レーシック)は極力受けたくないって言う人のニーズにもこたえてくれます。

この視力回復センターで行う視力回復方法は、レーシックとは違い回復までに期間こそかかるものの、もともと本人が持っている視力や目の酷使によって弱まってしまった本来の能力を回復させるためにあります。

ただ、視力回復センターについてのよくある疑問で、トレーニングによって一度回復した視力は元に戻ってしまわないかと心配している人も多いようですが、トレーニングを受ける前のように目を酷使する生活を続けてしまうと当然ながら視力は下がってしまいます。

なので、生活の改善をしながら、定期的に視力検査を行うなどのフォローは必要になります。

費用は入会金が10000円(但し、回復見込みチェック当日入会で3000円に)
さらに自宅でトレーニングを行えるようにするためのトレーニング機器を購入する必要があります。

それが超音波治療器などの視力回復グッズです。

これらどの機器を使うかは相談になるかと思いますが、超音波治療器なんかを使うと40000万円もすることもあるようです。

さらに、視力回復センターの方に定期的に通わなければいけないのでその指導料が10000円から20000円ほどかかります。

合計すると、約53000円から70000円かかる計算になります。(※コースなどによっても金額は変動します)

神奈川県の川崎市近辺で視力回復センターをお探しの人のために「東京視力回復センター 相模大野センター」についての情報を下に書いておきます。

東京視力回復センター 相模大野センター
電話番号:0120-49-3449
住所:252-0303
相模原市南区相模大野3-19-13 アーべイン相模6F

月曜から日曜まで電話での無料相談も受け付けているので気になる人は電話相談してみてもいいかもしれません。

視力は回復したいが、そこまでの費用はかけられない…。

そんな人は当サイトの管理人も実践している視力回復教材を試してみてはいかがでしょうか。

教材代15000円程度のみで自宅で実践することができます。

管理人のように金銭的に余裕がない人にとっては、視力回復センターと同じ内容を実践できてかなり節約することができます。

この教材を購入し実践してみた体験レビューもあるのでよかったらご覧ください。

>>管理人の視力回復教材体験レビューはコチラ

 

コメント