埼玉県、さいたま市にある視力回復センター情報【効果や口コミ公開】

視力回復センター一覧

「最近急に視力が落ちてきたと感じる」
「疲れ目なのか、視界がぼんやりする時がたまにある」
「両親ともメガネなので、子供の視力が心配」

視力に対する悩みや不安を抱えている人は多いと思います。

そのような方に今回は、視力を自力で回復することができる埼玉県の視力回復センターについて紹介していきます。

埼玉県の視力回復センターにかかる費用の相場

埼玉県にある視力回復センターで、視力が回復するまでにかかる費用は10万円以上を想定しておきましょう。

10万円と聞くととても高いように感じますが、子供のうちからなるべく早い段階でトレーニングを受けることで視力の低下を防ぎ、長い目で見るとコストパフォーマンス的には優れています。

眼鏡やコンタクトレンズにかかる維持費は、積み重ねるとバカになりません。
一度視力を悪くしてしまうと、眼鏡やコンタクトレンズは一生かけて使用しなくてはいけないものです。
眼鏡やコンタクトレンズで視力を矯正することで、眼球を鍛える筋肉はレンズを通した矯正されている見え方で慣れていってしまいます。
コンタクトレンズやメガネを使い続けると数年ごとに裸眼での視力がさらに下がり、矯正度数を変えなくてはいけないのはそのためです。

埼玉県にある視力回復センターの多くは、入会金で1万円~2万円かかります。
その後は一回のトレーニングごとに料金を支払う視力回復センターもあれば、月額制、チケット制、回数制をとっているところもあります。

元々の視力の度合いによって通う期間は変わっていきますが、トータルしてかかる費用の平均が10万円~20万円くらいになります。(視力の低下に気がつき始めてなるべく早くスタートすることで、5万円ぐらいの費用で終了する人もいます。)

埼玉県の視力回復センターのトレーニングに初期投資をして、裸眼の視力を回復させるか?
それとも眼鏡やコンタクトレンズを一生利用するか?はたまたレーシック手術で一気に視力を取り戻すか?
個々人の考え方でいろんな選択ができる時代です。

評判の良い埼玉県の視力回復センター

埼玉県は全国の中でも、視力回復に関係した施設が多く点在しています。
視力回復への治癒力を目指したい人にとっては、恵まれた環境と言えます。

埼玉県腎・アイバンク協会
川越  視力回復センター
かわぐち視力回復システム
全国視力センター協会 視力回復相談窓口・所沢
アイ・メディカルセンター(千葉)
学校近視対策研究所

この中で実際に視力回復のトレーニングを受けることができるのは、川越視力回復センターと、かわぐち視力回復システムです。
また千葉県にあるアイ・メディカルセンターも、埼玉県から通う利用者が多いようです。

視力回復相談窓口や子供の視力対策本部なども埼玉にはあるので、それだけ専門の医師が多く携わっている土地だと言えます。
埼玉県にある視力回復センターなら、より高いレベルの視力回復システムを期待することができるでしょう。

埼玉県の視力回復センターのデメリット

視力回復までの料金が高いことと、全ての人に視力回復が保証できないということが視力回復センターのデメリットです。

毎回決まった日に予約を入れて、視力回復センターに通わなくてはいけないというのもデメリットです。
継続的に通うことに意味があるので、他の予定をなかなか入れることもできないでしょう。
特に子供を視力回復センターに通わせたい場合は、毎回親も一緒に送迎を行わないといけません。

また、たくさんの費用をかけたからといって、100%視力が回復するという確証はありません。
視力の回復が見られなくても、それまで支払ったトレーニング料金が戻ってくることもないです。

全国的に視力回復センターの数も少なく、実際に体験済みの声も多く見られないので、口コミを参考にしたり、数ある視力回復センターの中から、どこがいいか比較したりすることもなかなかできないのが大きな不安要素です。

埼玉県の視力回復センターに代わる視力回復教材のススメ

「なんとかメガネをかけずに視力を回復させたい。でも視力回復センターにいきなり通うことが不安・・・。」という人には、視力回復を目的とした教材の購入がおすすめです。

視力回復の教材とは、視力回復センターが監修した視力回復のトレーニングを自宅で行うことができるキットのことです。
専門の研究者が開発・販売している商品なので信頼することができます。

視力回復の教材は、インターネットの専用サイトから申し込むことができます。
視力回復に有効なトレーニングの教材が数種類入っていて、1日13分ほどのトレーニングで低下し始めた視力を回復させていきます。

ネットで購入できる視力回復教材のメリットは、

・料金が安い(16000円前後です)
・自宅でセルフで行うことができる(子供が一人でも使える道具です)
・トレーニングにかかる時間が短い
・毎日続けてトレーニングをすることができる
・返金保証制度がある

といったものが挙げられます。

わざわざ視力回復センターに通う必要がないので、交通費を浮かせることもできますね。
一回のトレーニングにかかる時間が10分程度なので、子供でも毎日飽きずに行うことができます。
毎日連続でトレーニングをすることができるのも、視力回復に向けては大きなメリットです。
自宅でトレーニングできて間隔をあけないことで、視力回復センターに通うよりも早めの視力回復を目指すことができます。

料金は視力回復センターの20%以下で抑えることができます。視力回復センターが監修したトレーニングキットなので、視力回復センターに通うのと同等の効果を期待することができます。
万が一、全く視力に回復の兆しが見えなかった場合の返金保証制度があるのも良心的です。

梱包されているトレーニングキットの中身は、難しいものではありません。
紐に通したビーズを数秒間見つめるようなトレーニングなど、気軽に行うことができる教材ばかりです。
子供が楽しんでトレーニングできるような CD-ROMや、メールサポートなどのアフターサービスも充実しています。

ただしこの視力回復教材も視力回復センター同様に、完全に視力が落ち切ってしまった大人には効果がありません。
また視力低下が、緑内障など他の眼疾患が原因のものであれば、根本的な対処方法が変わってしまうので、取り寄せる前に必ず医師による診断を受けるようにしてください。

「よく見える」ということは、かけがえのない財産です。
遺伝だと諦めずに、ぜひ早い段階からの視力回復のトレーニングをお勧めします。

効果が高くて低価格で実践できる視力教材はコチラ

埼玉県の視力回復センターの視力回復効果

視力が低下し始めてなるべく早く視力回復センターを利用することで、実際に視力が回復する確率が上がっていきます。

視力が低下してしまう理由は色々ありますが、一番多いのは眼球の周りでピント調節機能を支える毛様体筋のコリが原因です。
視力回復トレーニングにより毛様体筋のコリをほぐし、水晶体のピント調節機能を鍛え直してあげることで、遠くのものを見てもはっきりと見えるようになります。

視力回復センターのデータによると、トレーニングにより0.5~0.6の視力だった人が、1.0以上の視力まで回復した結果が出されています。
0.3前後まで視力が下がった人も、1.0近くまで視力が回復し、日常生活では眼鏡をかける必要がなくなった人もいます。

このような視力回復の結果を出すには、

・視力が落ち始めて、なるべく早い段階でトレーニングを始める。
・定期的に、間隔をあけずにセンターに通い続ける。
・視力低下の原因が、他の眼疾患によるものではない。
・乱視が強すぎない。

という条件が重なっていることが必要です。

埼玉県の視力回復センターのトレーニング方法

埼玉県の視力回復センターのトレーニングは、専用の機材を使って衰えた毛様体筋の筋力を復活させる方法です。

外科的施術を行うわけでも、薬を処方するわけでもないので、副作用を心配する必要がありません。
痛みを伴うものでもないので、小さな子供からでも視力回復トレーニングを行うことができます。

また毛様体筋の筋力を鍛えるトレーニングの他に、眼精疲労を和らげるための超音波治療を併用して行う視力回復センターもあります。

このような複合的なトレーニングを組み合わせながら、月に1~2回のペースで、3ヶ月を一つのターンとしている視力回復センターが多いです。
人によっては視力が回復した後も、定期的にトレーニングに通うことで高い視力を保つよう努めている利用者もいます。(スポーツ選手やパイロットなど、特定の仕事に就く人は特に気を使っているでしょう。)

埼玉県の視力回復センターとは?

埼玉県にある視力回復センターとは、眼科やレーシックによる治療とは異なり、専門のトレーニングにより本来の視力を取り戻すことを目的とした施設のことです。

仮性近視と言われる、視力の低下を感じ始めた子供や、視力の低下を気にするスポーツ選手などが多く通っています。

また職業柄、裸眼の視力を求められるプロフェッショナルな仕事の人も多く訪れています。

視力は、眼球の周りにある筋力を鍛えることで回復させることができます。
したがって、埼玉県にある視力回復センターでは、完全に視力が落ちきる前に訓練を行うことが重要で、視力が低下してからのキャリアが長い人や、0.1を切るような視力の人には向いていない治癒方法です。

さいたま市の視力回復センター

現代は目を酷使する時代なので埼玉県さいたま市にも視力低下の悩みを持っている方々は多いのではないでしょうか。

幸いなことに埼玉県さいたま市ならば、近場に東京視力回復センター 大宮センターがございます。

ハッキリ黒板の字が見えなかったが、トレーニングを受けて鮮明に見えるようになったという意見も多数寄せられている埼玉県さいたま市の大宮センターの視力回復効果は、NHKやテレビ朝日の番組で紹介されたこともあるのです。

しかし、いくら埼玉県さいたま市の大宮センターの視力回復トレーニングが効果的なものであっても、実感しないことには半信半疑という人も多いのではないでしょうか。

そのような人達の不安や疑問を軽減してくれるのが埼玉県さいたま市の大宮センターをはじめとした、全国の東京視力回復センターに寄せられた口コミです。

印象的なのは、まだ幼稚園の男の子に告げられた遠視性弱視という残酷な症状で、その絶望感に涙を流したそうです。

しかし、その後に東京視力回復センターと出会い、右目は0.06という視力から0.9にまで回復させることができました。

1枚の紙では報告しきれない喜びで一杯と、こちらのお子さんの親御さんからの手紙が届いており、埼玉県さいたま市の大宮センターを利用すれば、こちらのお子さんや親御さんが体験したような視力回復が望めるかもしれないのです。

他にも多数の口コミがありますので、埼玉県さいたま市で視力回復を考えているなら、まずはネット上に掲載される口コミをみてみましょう。

東京視力回復センター さいたま大宮センター
さいたま市大宮区宮町2-60
永見ビル4F
0120-14-9493

視力回復センターは確かに効果がありますが両目で約7万円からと非常に高額なのがネックですよね?

費用はできるだけ抑えたい・・・そんな方にオススメな低価格で視力回復センターと同等の効果を得られる視力回復教材をご存じでしょうか。

これであれば1万円から2万円の間で実践できるのです。

詳しくは下記をご覧ください。

 

効果が高くて低価格で実践できる視力教材はコチラ

コメント