北海道の札幌市で視力回復センターを考えている方、口コミと評判を解説

視力回復センター一覧

現在ではスマホやパソコンが普及して、1日の中で液晶画面を見ている時間が長くなっています。

これは大人に限らず、小さな子供の視力にも影響を及ぼしています。

子供の頃からタブレットやゲーム機などに触れて育つ子供たちは、昔の子供に比べて仮性近視になりやすいと言われています。

しかし子供特有の近眼は、メガネをかけなくても訓練次第で治すことができるのです。

今回は視力が低下し始めた子供や、眼精疲労により大人になってから遠くのものが見えづらくなった人に、札幌にも視力回復センターがあるのか?という情報と、視力回復センターと同等の効果を期待することができる視力回復の教材について紹介していきます。

札幌にも視力回復センターはあるの?

札幌には残念ながら現在視力回復トレーニングだけを専門に行っているセンターは存在しません。

インターネットで北海道札幌市の「視力回復センター」というワードで調べると、以下の8件がヒットします。

「さかい眼科クリニック」

〒060-0061 北海道札幌市中央区南1条西2丁目1−1

「ルックコンタクト 4丁目プラザ店」

〒060-0061 北海道札幌市中央区 南1条西4丁目1 4丁目プラザ 6F

「北海道眼球銀行」

〒060-0001 北海道札幌市中央区 北1条西15丁目1−3 611

「近視レーザー研究所」

〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西5丁目11

「視力回復研究所新さっぽろセンター」

〒004-0052 北海道札幌市厚別区厚別中央2条5丁目3−5

「北海道アイバンク」

〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西15丁目1−3 大通ハイム 6F
現在は閉業

「札幌視力訓練センター」

〒004-0052 北海道札幌市厚別区厚別中央2条5丁目3−5

と、いくつかの施設名が検索候補にあがります。

コンタクトレンズや近視レーザーを専門とする施設でも、視力回復を目的としたプログラムの紹介を行っている場合があります。

しかし日本視力訓練協会が携わっている「札幌視力訓練センター」は、問い合わせても応答がなく、10年前まで札幌市や近郊に3施設あったアイトレーニング視快研も、現在ではHP自体が閉鎖されてしまっています。

札幌市内で視力回復のトレーニングの相談にのってもらうには、 「さかい眼科クリニック」など視力回復専門の医師がいる病院を選んで、診断してもらうことが唯一の方法です。

北海道札幌市の視力回復センターのデメリット

視力回復センターに通うデメリットは、視力を回復したと実感するまでにかかる費用が高いことです。

保険適用外で行われるトレーニングなので、10万円以上の出費を全て全額支払う必要があります。

またすべてのプログラムを完了したからといって、必ず視力が回復するという保証も100%ありません。

定期的に通わなくてはいけないことも、日常生活で大きな負担になるでしょう。

数年前までは札幌にも数か所視力回復専門のセンターがありましたが、現在検索する限りでは、本州にある視力回復センターと同等の訓練センターはありません。
したがって本格的に通うとなると、飛行機を使って本州にある視力回復センターまで通わなくてはいけません。とても現実的とは言えない治療方法ですよね。

札幌で視力回復訓練を行う一番良い方法

安心してください。
札幌でも視力回復センターに通うのと同等の視力回復効果を期待できる方法があります。
それは視力回復センターが監修した、視力回復のための教材を取り寄せる方法です。

視力回復のための教材は、専門の研究者が開発した商品で、自宅にいながら誰でも毎日訓練を行うことができる画期的な教材です。

取り寄せるための送料も無料で、全てにかかる費用を2万円以内に収めることができます。

本当に信用できる教材なの?と不安に思う人もいるかもしれませんが、視力回復センターが監修している商品なので安心です。

実際にこの視力回復教材を使って、低下し始めた視力を1.0以上まで回復させたユーザーも数多くいます。
特に仮性近視が多い小学生の子供には、高い効果が見られるようです。

教材の中身は、視力回復に向けたメソッドが書かれた教本や、視力回復トレーニングを助ける数種類のキットが入っています。

子供が飽きてしまわないような工夫も随所にされていて、困った時のメール相談などアフターフォローにも力を入れています。

子供が一人でもできるような難しくない訓練方法で、1日ほんの10分ちょっとの時間でトレーニングを行うことができます。

毎日自宅で継続して行うことができるので、回復した視力が再び落ちてしまうリスクも少ないでしょう。

ただし視力回復の教材も、視力低下の根本的な要因が毛様体筋の衰えによるものでなければ意味がありません。
事前にきちんと医師からの診断を受けるようにしましょう。

今回は札幌で視力の低下に悩む方に向けて、視力回復センターの情報と、自宅でできる視力回復の教材について紹介してきました。

本州とは違って、なかなか専門の視力回復センターがない札幌です。( 利用する人も少ないので、せっかくいい施設ができても撤退してしまうというのが現実です・・・。)

あきらめて眼鏡やコンタクトにする前に、ぜひ視力回復の教材を検討してみてください。
裸眼で見えるということは、将来を大きく左右します。

効果が高く料金が安い視力回復法はコチラ

北海道札幌市の視力回復センターの料金

視力回復センターで行うトレーニングは、平均して10万円~20万円の費用がかかります。

札幌で視力回復と聞いて有名なのが、駅前にあるレーシック専門のクリニックではないでしょうか。JRの車窓からも大きな看板が見えますよね。

視力回復センターでは、レーシックのように外科的手術によって劇的に視力を戻すのではなくて、数ヶ月の時間をかけてゆっくりと本来の視力を取り戻す地道な訓練を行います。

1ヶ月に1~2回の通所が必要で、視力が回復したという効果を得られるまでには、最低3か月は視力回復センターに通い続ける必要があります。

視力回復センターへの入会金で1万円~2万円の支払いが必要なセンターが多く、その後の料金システムは施設によってまちまちです。

月単位でいくらというような料金設定もあれば、回数券を購入するチケット制、6回でいくらという回数制をとっている視力回復センターもあります。

満足のいく視力まで回復する費用は、元々の視力の度合いによって違います。

視力が低い人ほど長い期間のトレーニングが必要なので、もしも料金をできるだけ抑えたいのであれば、視力の低下を感じ始めてからなるべく早くカウンセリングに行くことをお勧めします。

大人であれば自覚症状を感じることができますが、子供の場合は自己申告をすることがとても難しいです。

普段から親が意識して子供の見え方を観察して気がつき、声をかけてあげることが大切です。

北海道札幌市にある視力回復センターの効果

視力回復センターに通う人の平均的な視力回復の度合いは、0.5前後の視力だった人で1.0以上に、0.3前後の視力だった人も1.0近くまで視力が回復することがあります。

1.0近くまで回復することができれば、日常生活で眼鏡をかけるシーンは格段に少なくなると思います。

ただし全ての人に同じような効果を保証するものではありません。
例えば、

・視力が低下してから、かなりの年月が経っている。
・矯正器具(メガネ・コンタクトレンズ)を使用し始めてからのキャリアが長い。
・緑内障など、視力低下の原因が眼疾患によるものである。
・乱視の度合いや、屈折度合いが平均数値から外れている。

などの項目に当てはまる人は、北海道札幌市にある視力回復センターに通っても回復の見込みは厳しいでしょう。(事前のカウンセリングでトレーニングを断られる時があります。)

札幌で視力回復センターを検討している人は、インターネットで色々と検索している人もいるでしょう。

しかし日本国内で視力回復センターの数はまだまだ少なく、実際に視力回復トレーニングを実践した人の数も少ないです。

そのため口コミの数も少なく、判断材料に困る場合もありますよね。

視力回復センターによっては、事前カウンセリングでじっくりと話を聞いて相談をしたり、最初の数回のトレーニングは無料(もしくは特別価格)で実施できるセンターもあるので、そのようなサービスを積極的に利用してみるのも良いと思います。

北海道札幌市にある視力回復センターのトレーニング方法

視力回復のトレーニングは、専用の機材を使って眼球の周りの毛様体筋を鍛えていきます。

専門用語が出てきて難しいかもしれませんが、これは近眼になるメカニズムと関係しています。

眼疾患が原因ではない近視の場合、眼球のピント調節機能を支えている筋肉が凝り固まってしまって、遠くのものが見えづらくなります。
毛様体筋が凝り固まる原因は、スマホや本など近くのものを長時間見続けることで起こります。

視力回復センターでは専用の機材を使って、凝り固まった毛様体筋をほぐすトレーニングを施していきます。

眼球に直接何かを触れて刺激を与えるようなトレーニングではなくて、毛様体筋本来の働きを促すようなストレッチを、機材を使って行うイメージです。

痛みや副作用を伴うトレーニングではないので、小さい子供から安心して通うことができます。

 

札幌市の視力回復センター

北海道札幌市でも視力回復訓練は受けることができ、北海道札幌市でならば日本視力訓練協会の札幌中央センターを利用するのが良いでしょう。

北海道札幌市にある札幌中央センターは、視力回復効果だけではなく、短時間で簡単に誰もが行いやすいトレーニングに特化されています。

また、効果の高さを知れば副作用が心配になってしまうものですが、副作用の心配が全くないトレーニング方法なので、北海道札幌市で安心の視力回復トレーニングを提供してもらえるでしょう。

北海道札幌市にある札幌中央センターでトレーニングできる対象者は、幼児から大人までと広範囲になっており、まずは自分も訓練できるかどうかを相談して確認してみるとよいです。

こちらの北海道札幌市にある札幌中央センターですが、多くの口コミが書き込まれていることでも知られていて、口コミから子供心をよく把握した訓練が行われていることがわかります。

段階的に効果があらわれていきますし、効果が上がればスタッフは褒めてくれるので、次の目標ができるのです。

子供達の口コミを見ていると、褒められて嬉しかったというものが多く、これによって北海道札幌市にある札幌中央センターでのトレーニングは良い行動という気持ちが芽生えてくるのではないでしょうか。

また、そんなお子さんを持つ母親からの喜びの声も上がっており、トレーニングをするようになってから親子の会話が増えたという意外なメリットまで指摘している口コミもあります。

ただ、少し料金が高い・・・
もっと安ければいいのに・・・

こう思った方、安くて効果のある視力回復方法があればいいと思いませんか?

下記をご覧ください。

視力回復センターと同等の効果が得られて料金もかなり安くする方法を紹介しています。

効果が高く料金が安い視力回復法はコチラ

北海道の視力回復センター一覧

北海道には全部で2件の視力回復センターがありどちらも札幌市にあります。

視力回復研究所新札幌センター
〒004-0052
北海道札幌市厚別区厚別中央2条5丁目3?5
電話:011-893-0509

札幌視力訓練センター
〒060-0062
北海道札幌市中央区南2条西1丁目
電話:011-221-4588

 

 

コメント