視力回復センター一覧

東京都の視力回復センター【料金・口コミ・評判をお探しの方へ】

更新日:

「自分が苦労したので、子供には良い視力を保ってもらいたい。」
「最近遠くのものが見えにくくなってきたけれど、レーシックは怖いから嫌だ。」
という人に朗報です。

なんと仮性近視は訓練次第で治すことができるのです。

今回は東京で仮性近視改善の訓練を受けられる視力回復センターの効果や口コミについて、また東京の視力回復センターに通わなくても自宅で近眼を回復させる方法を紹介したいと思います。

東京にある視力回復センター

東京には複数の視力回復トレーニングができるセンターがあります。
全国的に見ても視力回復だけを目的にしたトレーニングセンターは、実はとても少ないのです。
地方都市の場合、残念ながら閉院してしまっている視力回復センターも多いです。

丸尾眼科
東京視力回復センター
日本リバース
アイ東京視力回復センター
株式会社フタワ
ワンダフル・アイ
神田メガネセンター
日本アイバンク協会
千代田視力回復センター
全国視力センター協会
健改研センター
中野健康センター
視力回復研究所

ざっと調べるだけでも、以上のような視力回復に携わる施設が出てきます。
特に大きく展開されているのが「東京視力回復センター」で、国立病院で効果が実証された安心安全のトレーニング方法で、多くの実績を残しています。
土曜や日曜日もトレーニングを受けることができて、渋谷・池袋・立川の3か所にセンターがあります。

地元に視力回復センターがない土地から、東京まで通っている利用者もたくさんいます。
そのため、なかなか予約が取りづらい視力回復センターも東京にはあるでしょう。

東京の視力回復センターのデメリット

東京の視力回復センターに通う一番大きなデメリットは、費用がかさむということです。
視力が回復するとはいえ、20万円近くの料金を費やすのには慎重な判断が必要でしょう。

また全ての人が3ヶ月ほどで視力を取り戻すという保証もありません。個々人のトレーニングとの相性にもよりますし、継続して通える環境か?トレーニングから離れてる間の日常生活はどのようなものか?ということも少なからず効果に関係してきます。

毎月決まった日に視力回復センターに通うことがネックになる人もいるでしょう。東京の場合、予約が取りづらいセンターもあります。
近視レーザー手術のように、一発で劇的に視力が回復するというものでもありません。
根気と費用と覚悟が必要なトレーニング方法と言えます。

視力回復センターと同じぐらいの効果をもたらす教材がある

視力回復センターと同じような効果が得られるのであれば、自宅でできるトレーニングがあればいいと思いませんか?実はこの願いを叶える教材があるのです。

視力回復を目的とした教材は、視力回復センターが監修した安心できる教材で、自宅で気軽にトレーニングできるように改良されています。
しかもかかる費用は視力回復センターに通う1/10程度で済むのです。(17000円前後です)

視力回復キットの中には、視力回復トレーニングに必要な教材と一緒に、セルフでできるトレーニングの道具が入っています。
仰々しい機械のようなものではないので、出張先に持ち歩くこともできます。

毎日行うことを前提として作られた道具なので、1日にかかるトレーニングの時間は13分前後です。
これぐらいの時間であれば、ちょっとした合間を縫って行うことができるでしょう。
子供であれば学校に行くまでの数分や夜寝る前の数分など、時間を決めてやらせることでトレーニングが日常の一部になります。
もちろん子供が退屈しないような仕組みも随所にされていて、親がつきっきりにならなくても一人で行うことができます。

視力回復の教材を使って、実際に落ち始めた視力が戻ってきた喜びの声がたくさん寄せられています。
特に眼鏡をかける必要がなくなった子供の親御さんや、裸眼での視力の良さが必要とされる職業の人たちからの口コミが多いです。

視力の矯正ではなく視力の回復にお金をかけるのであれば、できるだけ時間をかけずに、自分の家で自分のペースでできるトレーニングの方がいいですよね。
裸眼での視力を大切にしたいと考えている人はぜひ、視力回復センターの見学や視力回復の教材を検討してみてください。

また、「目が悪くなってしまうのはしょうがない」と眼鏡やコンタクトレンズをするという選択一択しか持っていなかった人にも、おすすめしたいトレーニング方法です。

>>おすすめの視力回復教材を確認する

東京の視力回復センターの料金

東京にある視力回復センターにかかる費用は、おおよそで10万~20万円と言われています。
少し高いような気もしますが、視力が落ち始めたと感じた時に通い始めることで、その後の長い人生を矯正器具に頼らなくても生活できるようになります。

東京にある視力回復センターの多くは、入会金として1万~2万円を支払います。
月に1~2回の通所を3ヶ月ほど続けて効果を感じ始める人が多いです。
料金システムは視力回復センターによってまちまちですが、しっかりと視力を回復させて、その後も安定した視力を保つためには、20万円ぐらいの予算を見ておいた方がよいでしょう。

東京の視力回復センターの効果

0.5前後だった視力の人が1.0以上に、0.3程しかなかった視力の人も1.0近くまで回復した実績がたくさんあります。
1.0近くまで視力があれば、一般的には日常生活で矯正器具は必要ないでしょう。
視力回復センターのトレーニングの成果が表れやすいのは、以下のような人たちです。

・視力が落ち始めたばかりの仮性近視の人
・視力が落ちた原因が、眼疾患によるものではない人
・眼鏡やコンタクトレンズを日常的に装着していない人

残念ながら近眼のキャリアが長い人には、視力回復センターでのトレーニングの効果は表れません。
視力の低下を初めて感じ出した子供や、長年近視に悩まされたことがない大人が多く利用しています。

視力回復センターに通い始めるのが早ければ早いほど、効果に差があります。毛様体筋の衰え具合が影響するからです。
特に小学生ぐらいの子供がいる親御さんは、子供の視力の低下にいち早く気がついてあげる観察力が大切です。

子供が視力の低下を自己申告する例はとても少ないです。
年に一度学校で眼科検診はありますが、1年間のブランクが子供の視力にどれだけ影響を与えてしまうでしょうか・・・。

現代の子供は昔と違って、液晶画面を眺めることが格段に多くなってきています。1日でも早く子供の視力の低下に気がついてあげることで、その子の将来を大きく左右してしまいます。

東京の視力回復センターのトレーニング方法

東京の視力回復センターでは専用の機材を使って、毛様体筋を鍛えるトレーニングを行います。また超音波を活用しながら、眼精疲労を和らげる処置も行ってくれます。

視力回復センターによってカリキュラムや使う機材に差はありますが、目の周りの筋肉を鍛え直し、人間本来が持つ眼力を取り戻そうとするアプローチ方法には違いはありません。

小さいうちから通っている子供も多く、トレーニング自体はトレーナーがついてくれるので、親がその都度付き添う必要はありません。
また東京の視力回復センターに通い始めてから、日常生活で目に悪いことを覚えて、気をつけるようになることも増えるそうです。

眼鏡に頼らず裸眼で見える喜びを知るということが、本人の意識を大きく変えてくれます。どんなトレーニングにも共通することですが、身体本来の働きを取り戻した後は継続が大切です。これは視力にも共通して言えます。
取り戻した視力を長きにわたって大切にしていく意識を、視力回復センターで植え付けてもらうことができます。

近視がトレーニングで回復する仕組み

近視は、目のピント調節機能を支えている筋肉を鍛えることで改善することができます。
専門用語で言うと「毛様体筋」と言います。

どうして視力が落ちるかと言うと、ずっと近くのものを見続ける生活を送ることで、目は近くのものに焦点を当てることに慣れてしまいます。
近くの物を見る時のレンズは厚くなります。そうするとレンズを厚くさせたままの状態を毛様体筋は保っていないといけません。
その状態が続いた後で急に遠くの物を見ると、レンズを薄くすることに毛様体筋の筋力が追いつかなくなるのです。これが遠くのものが見えづらくなるメカニズムです。

まだ視力が落ち始めて間もないうちに毛様体筋を鍛えることで、遠くのものを見る時の耐性を復活させることができます。
よく長時間パソコンをして目が疲れた時に、「遠くの木を眺めるようにすると目にいいですよ」という話を聞いたことがあると思います。
これも意識的にピント調節機能を刺激させて、毛様体筋を鍛えるセルフ訓練の一つです。この訓練を効率的に医学的根拠に基づいて行う場所が、東京都にある視力回復センターです。

 

 

東京都の視力回復センター

東京には東京視力回復センターの店舗が3つあります。

東京視力回復センター 渋谷
150-0002
東京都渋谷区渋谷3-6-19第一矢木ビル5F
0120-414-694

東京視力回復センター 池袋
171-0014
東京都豊島区 東京都豊島区池袋2丁目40?13
03-5952-4841

東京視力回復センター 立川 
190-0012
東京都立川市 東京都立川市曙町2丁目32?1
042-521-7530

千代田視力回復センター
101-0021
東京都千代田区外神田3丁目15?7
03-3253-6862

東京視力回復センターの入会金は1万円で、3000円の回復見込みチェックを行い、その当日に入会することで入会金が3000円になるキャンペーンも実施されています。

月々のトレーニング指導料は週に1回から2週に1回のトレーニングでだいたい10000円から20000円の範囲となっています。

遠方で通えない人は、視力回復センターで実施されるトレーニングと同じ内容が両眼65,000円と高額ですがSkypeや電話、メールでのレッスンも受けられます。

また、通う前に実際に視力が回復するかどうかの診断や、入会してからのトレーニング内容がわかる視力回復見込みチェックと実際の視力回復トレーニングの体験を含めた視力回復テストも行われています。

そのため、視力回復センターへの契約を考えている人は一度、視力回復見込みチェックと視力回復テストを受けるのがお勧めです。

視力回復センターの費用が高額で通えない人は

視力回復センターには入会金10000円や月々のトレーニング代10000円から20000円もかかってしまいます。

正直言って安くはないですよね。

そこで、視力回復センターに通えないって人は視力回復センターでのトレーニングを自宅でできるトレーニングキットとして販売されているアイトレーニングをおすすめします。

アイトレーニングは視力回復センターを運営している田中謹也さんが今までの経験とノウハウをまとめ教材にしたものなんです。

返金保証もついていて15800円で購入できます。

一度購入したらお金がかかることはないので安心してお子さんとお家でトレーニングできるでしょう。

アイトレーニングの公式サイトや、実際に教材を購入して実践してみた体験談、教材の中身を暴露したレビューなどは以下の記事をご覧ください。

東京都で視力回復を目指すなら場所的には非常に恵まれています。

東京都には東京視力回復センターの本部があり、周辺にも多くのセンターが点在しているからです。

視力回復効果についてもこれまでに多くの利用者が実感していて、室内凝視訓練法による視力回復効果が代表的なものとなります。

眼科専門医と共同でオリジナルの視力回復トレーニングの研究もしており、近視や遠視だけではなく、弱視や乱視などにも効果を発揮する方法です。

医療機器も厚生労働省から正式な承認を得ているものばかりなので、安心して効果でるまでトレーニングを続けることができるでしょう。

東京都の東京視力回復センターには日々たくさんの声が寄せられており、それが口コミとしてサイト上に掲載されているのです。

それらの口コミを見てみると、視力が低下してしまったお子さん、その親御さんからたくさんの嬉しそうな声が届けられたことがわかります。
その中でも気になるのが、強度近視から軽度の近視状態にまで回復した男の子の口コミで、自筆で少しずつトレーニングをして結果が出たことの喜びと感想が書かれています。

0.09という強度近視が0.1、0.2と少しずつ回復していき、今後も東京都の東京視力回復センターで0.3、0.4と目指すことを力強く決意しているようです。

このように東京都の東京視力回復センターには、日々トレーニングの効果に対しての感想が口コミとして寄せられているので、気になる方一度ご覧になってみてはいかがでしょう。

 

 

-視力回復センター一覧

視力が悪い人必見!
※自宅で視力回復できる
視力が悪い人必見!
※自宅で視力回復できる

Copyright© 【視力回復方法を徹底比較】商材・サプリ・手術から比較してぶった切り! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.