視力回復できるスポーツは!?

スポーツをすると視力が回復したというような噂を聞いたことがあるでしょうか。
確かに少し考えてみれば、スポーツの中には目を通常生活よりも使う競技も多々あります。
目の焦点を合わせるために働いているのは筋肉ですので、スポーツをして目の周りの関連筋肉に刺激が伝わり活性化すれば、初期症状程度ならば回復したとしても不思議ではありません。
しかし、これだけでは根拠に乏しいのでさらに掘り下げて本当にスポーツをすると視力が回復するようなことがあるのかを調べてみましょう。
スポーツに視力回復効果があるとしたならば、目をよく使うボールを追うようなスポーツです。
テニスなどは高速で打ち出されたボールを目で追って相手のコートに返すスポーツなので、かなりの目を使うはずです。
また、野球に関しても同様でプロならば150キロ程度の速球を見て、それをさらにバットに当てなければなりません。
素人だとしても100キロ程度のボールを見定めてバットに当てなければならず、高速道路の制限速度と同じと考えればいかに素早い動作が必要かがわかるかと思います。
このように素早く動くボールをとらえる目の力について解説する時に絶対に忘れてはならない言葉があり、それが動体視力なのです。

スポーツによって鍛えられる動体視力が視力アップの秘密

動体視力とは卓球などをやっている時に動いているボールを目で追って正確にとらえることができる能力で、一般人に比べてプロスポーツ選手などの方が発達しているといわれています。
これはスポーツ選手は常に動体視力を使う環境におかれていて、毎日のように動体視力を鍛えていると同じようなことなのです。
視力が低下している状態を詳しく考えてみると、それは毛様体筋が衰えていたり、疲れていたりする状態なのです。
動体視力を使うことによってこの毛様体筋が鍛えられて、それが目の疲れをとったり、活動を活発にしたりする効果があります。
つまりはテニスや野球などの早い球を目でとらえる必要があるようなスポーツを子供にさせておくと、視力回復の効果があらわれる可能性があるといえます。
視力回復には毛様体筋を鍛えて動体視力を高める必要があるので、スポーツが苦手というお子さんには早く動くものを目でとらえる習慣をつけさせるのもよいのではないでしょうか。
現代は自動車天国ともいえるような時代なので、外に出て走っている自動車を数台見つけることくらいはわけのないことです。
子供に走っている車のナンバーを質問してみるのも一種の動体視力を鍛えるトレーニングになるのです。
この動体視力を鍛えるのと同じ原理で視力を回復させることができるのが「視力回復トレーニング」です。
実際に効果の高さからプロスポーツ選手も取り入れている方法です。

>>自宅トレーニングで視力を回復させる方法はコチラ<<

コメント